モデル校事業計画(平成26年度~27年度)

 

モデル校事業計画図(平成26年度~27年度)

取組計画(平成27年度)

  取 組 計 画
1 高専で生き生きと働いている女性教員、高専での教育・研究環境、高専教員になるためのロードマップなどを紹介するガイドブック(仮称:高専女性教員へのロードマップ)を作成する。さらに、女子大学院生や女性研究者が本ガイドブックを見ることができるように情報公開する。
2 女性教員が安心かつ快適に教育研究できる環境を作り、女性教員の就労環境への満足度を上げるために、昨年度から引き続き学内委員会等に提言を行い、改善を行う。
3 近隣大学の女子大学院生に対して、高専の教育研究環境を体験してもらうインターンシップ制度を引き続き展開する。昨年度行ったインターンシップの評価を行い、改善点を明らかにして、平成27年度のインターンシップ実施を行う。

 

取組計画(平成26年度)

  取 組 計 画
1 高専で生き生きと働いている女性教員、高専の就労環境、教育・研究環境を、外部者にわかりやすく説明するためのガイドブック(仮称:高専女性教員へのロードマップ)の作成を目指して、計画を立てる。
2 他高専に勤務する複数の女性高専教員の情報を収集して、インタビューを行う。さらに、連携大学へも調査を行い、高専を教育・研究の職場として選択するための条件を明確にする。
3 過去2年間に亘って行ってきた安全かつ快適な就労環境の実態調査に基づき、女性教員のための環境の改善を行い、女性教員の就労環境への満足度を上げる。
4 近隣大学の女子大学院生に対して、高専の教育研究環境を体験してもらうインターンシップ制度を積極的に展開する。
5 高専機構のキャリアカウンセラーによる講演会等を開催して、男女共同参画及びワーク・ライフバランスへの意識向上を図る。

 

 

ページ先頭へ▲