「教員向けライフデザイン講座」を開催しました


平成27年3月3日(火)、県との連携により「教員向けライフデザイン講座」を開催しました。

 内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダーの渥美由喜氏から「教育の現場におけるワーク・ライフ・バランス~学生に中長期ライフデザインを描かせるためには~」と題した講義が行われ、テレビ会議システムで出席した射水キャンパス教職員と合わせて約60名が聴講しました。

 渥美氏はご自身の経験を交えながら、「学生に若いうちから人生設計の重要性を意識させ、自らの将来や社会に生かす力を育成することが大切」と強調され、聴講者がうなずく場面も見うけられるなど大変有意義な講座となりました。

P1000847.JPGP1000842.JPG

ページ先頭へ▲