電気工学科

電力、電子、情報通信、計測制御などの
     基本を身に付けた電気技術者の育成

教育目標

 電気工学は電力、電子、情報通信、計測制御、材料などの幅広い分野を通して産業を根幹から支えている。これらの分野は相互に密接に結びついており、いずれかの分野の専門技術者として業務に従事し活躍するには各分野の基本をしっかりと身につけておく必要がある。本学科では講義・演習、実験・実習を通して電気工学各分野の基本を総合的に実践的に学ぶ。さらに選択科目や卒業研究により専門知識と応用技術を身につけ、自己の適性に合った分野の職業や大学に進む能力を養成する。人・地球との共生の精神を涵養し、将来にわたって技術を支え発展させることのできる人材の育成を目指す。

 

人材育成・教育上の目的

denki_souti.PNG

(1) 電気・電子・情報の基本を身につけた電気技術者の育成

(2) 数学・物理学、電気基礎理論及び情報技術の習得による基礎技術の育成

(3) 電力、電子、情報通信及び計測制御の技術分野の専門知識並びに応用技術の習得による専門能力の育成

 


 

学習内容

5年

目指す能力

自己の適性に合った専門分野の深い知識と応用技術を理解し,技術者や研究者として重要な創造力と実践力,人との共生の精神を身につけること.

達成目標

電気材料を含む電気工学に関する知識を総合的に修得すること。
卒業研究を通して問題解決能力,プレゼンテーション能力,報告書作成能力,人と協力共同する能力を習得すること。 エネルギーやエントロピーを理解し,地球環境保護への理解を深めること。

達成課題例

電気材料の知識と実験技術を修得すること。
電力等パワーエレクトロニクス全般について理解できること。
電子回路等エレクトロニクス全般について理解できること。
情報処理等IT・コンピュータ全般について理解できること。

4年

目指す能力

専門分野の基礎知識と数学や物理学の知識を使って電気工学各分野の専門知識を理解し,さらに専門分野の実験技術やデータ解析方法,技術と環境との係わりを身につけること。

達成目標

電験第2種レベルの電気工学基礎知識を身に付けること。
電気工学の各専門分野に必要な数学的方法を身につけること。
電磁気学,電気・電子回路,情報工学の専門知識を修得すること。
信号処理や通信方式の仕組みを実験技術とともに理解すること。
コンピュータ実験が環境負荷低減に役立つ点を理解すること。

達成課題例

電気機械や3相交流等の電気工学の解析と計算に習熟すること。
ラプラス変換やフーリエ変換等を学び,それらを用いた過渡現象や波形解析法を理解すること。 電磁波の理解ができること。
信号解析の方法やディジタルフィルタの構成法を学び,時間領域と周波数領域の関係を理解すること。

3年

目指す能力

2年生までに身につけた知識と数学物理学の知識を使って電気工学各分野の基礎知識を理解し,実験によりそれらを実践的知識として獲得すること。

達成目標

電気回路の諸定理を利用し,電子回路や電気機械に応用できる能力を修得すること。
半導体素子を用いたアナログ能動回路を実験解析し理解すること。
電磁気の基礎となる静電界,静磁界,電磁誘導を理解すること。
電気機械の基礎を理解し,その特性を測定できること。
C言語プログラムを作成し,シミュレーション解析できること。

達成課題例

2端子対および3相交流回路を計算できること。
小信号等価回路を描くことができ,種々の増幅回路を解析できること。
増幅回路・発振回路を組み立て,動作の測定と解析ができること。
静電界のガウスの法則,静磁界のアンペアの法則を利用できること。
直流機,変圧器の動作原理を理解し,計算できること。
linux上でのC言語を利用してプログラムできること。

2年

目指す能力

電気工学各分野の核となる知識の理解と基本的な計算や実験方法を身につけること。

達成目標

コンピュータとプログラムの基本的動作内容を理解すること。
交流回路の諸要素を理解し,回路の計算ができること。
電気工学の基本的実験を行いレポートのまとめ方を修得すること。
電気工学の理解に必要な電磁気の基本法則を理解すること。

達成課題例

デジタル回路の設計や簡単なアセンブラプログラムが書けること。
L,C,Rそれぞれの交流的な特性を理解し,共振条件を計算できること。
回路の測定を行い,有効数字を考えてレポートにまとめられること。
数式用いて電界などを表現し,電位などの計算が行えること。

1年

目指す能力

電気現象を知りそれを科学的定量的に取り扱う方法を身につけること。

達成目標

電流・電圧・抵抗の概念と直流回路の法則を理解すること。
電荷・電界・電位・容量,及び電流・磁界の関係を理解すること。
図の描き方と読み方,CADによる基本作図法を修得すること。

達成課題例

合成抵抗やキルヒホッフの法則を理解した計算ができること。
一様電界の電位,平行板コンデンサの容量,磁界の計算ができること。
文字,線,投影図の描き方, ねじ,ボルト,ナットの描画ができること。

ページ先頭へ▲