電子制御工学科

創造的メカトロニクス技術者の育成

dennsi_souti.PNG 近年めざましいコンピュータや電子技術の発達にともない、産業用ロボットを用いた自動化工場を始めとし、電力、鉄道、インテリジェントビル等、大小さまざま機械・機器から家電製品に至るまで、あらゆるところでコンピュータによって制御された電子制御装置が必要な時代になってきています。こうした幅広い業種での「ものづくり」の基礎となるのは、電気・電子、機械・材料、コンピュータ・制御の3 つの分野です。

 電子制御工学科のカリキュラムは、社会の要請するものづくりに対応できる実践的メカトロニクス技術者の育成を目的として、電気・電子、機械・材料、コンピュータ・制御の3 つの分野の基礎を修得すると同時に、それらを有機的に活用するための総合的な演習を取り入れた編成となっています。


学習内容

5年

専門性

創造的システム開発能力の習得
専門科目および卒業研究を通して、多面的なシステム開発法を学び、創造的な技術者としての素養を高める。

めざす資格

学会などにおける口頭法被ょう第3種電気主任技術者試験 TOEIC 400点以上

人間形成

自分の将来に対して総合的に判断する能力と目標を実現するための実践力を養う。
自分で考え、具体化する実行力と自分の考えなどを伝える表現能力(文書作成、プレゼンテーション)を養う。
将来への目的意識を高める。
社会人としての倫理観を養う。
健全な心身の発育を促す。
社会ット人としての教養を養う。

4年

専門性

専門的技術力・多角的創造能力の習得
機械・電気・制御の専門科目を修得し、実演を 通してメカトロニクス分野における多角的創造能力および問題解決能力を高める。

めざす資格

ディジタル技術検定2級
初級システムアドミニストレータ試験
工業英検3級
TOEIC 400点以上

人間形成

自分の将来に対して総合的に判断する能力と目標を実現するための実践力を養う。
自分で考え、具体化する実行力と自分の考えなどを伝える表現能力(文書作成、プレゼンテーション)を養う。
将来への目的意識を高める。
社会人としての倫理観を養う。
健全な心身の発育を促す。
社会ット人としての教養を養う。

3年

専門性

発展的な基礎的技術力の習得
専門科目を更に発展させ、ものづくりにおける基礎知識を学び、演習を通して応用力を高める。

めざす資格

ディジタル技術検定3級
情報処理活用能力検定2級
英検2級

人間形成

自分の将来に対して総合的に判断する能力と目標を実現するための実践力を養う。
自分で考え、具体化する実行力と自分の考えなどを伝える表現能力(文書作成、プレゼンテーション)を養う。
将来への目的意識を高める。
社会人としての倫理観を養う。
健全な心身の発育を促す。
社会ット人としての教養を養う。

2年

専門性

入門的な基礎的技術力の習得
機械工学、電気工学、情報工学の基礎を学び、メカトロニクス実験を通して、基礎的なシステム開発能力の素養を高める。

めざす資格

工業英検4級

人間形成

自分の将来に対して総合的に判断する能力と目標を実現するための実践力を養う。
自分で考え、具体化する実行力と自分の考えなどを伝える表現能力(文書作成、プレゼンテーション)を養う。
将来への目的意識を高める。
社会人としての倫理観を養う。
健全な心身の発育を促す。
社会ット人としての教養を養う。

1年

専門性

メカトロニクスの概要を知る
機械と電気を中心としたメカトロニクス分野の概要、更に、コンピュータ学習および実験を通してものづくりの基礎を実践する。

めざす資格

英検準2級

めざす資格

自分の将来に対して総合的に判断する能力と目標を実現するための実践力を養う。
自分で考え、具体化する実行力と自分の考えなどを伝える表現能力(文書作成、プレゼンテーション)を養う。
将来への目的意識を高める。
社会人としての倫理観を養う。
健全な心身の発育を促す。
社会ット人としての教養を養う。

ページ先頭へ▲