物質工学科

化学や生物化学の力を利用して
    ものを創り出す技術者の育成

教育目標

 物質工学科は化学の力やバイオテクノロジーで新しい物質を作り出すうえでの基礎的な知識や技術について学ぶ学科である。1,800万種類という膨大な数の物質が知られ、また用いられている現代社会においては、物質の性質や構造および機能を学び研究することは非常に重要である。本学科では実験を重視した教育を行っており、実験技術に優れ、先端機器による分析やコンピュータによるデータ処理等を活用して、新しい機能を持ち、かつ地球環境に配慮した物質を開発できる技術者を養成することを目標としている。

 

人材育成・教育上の目的


bussitu_souti.PNG(1) 化学及び生物の力を利用して新しい物質を創り出す科学技術者の育成

(2) 実験を中心にした無機・分析化学、物理化学、有機化学、化学工学及び生物化学の基礎能力の育成

(3) 物質コースは、先端的な化学製品の性質とその製造技術、生物コースは、バイオテクノロジーの理論と技術を学ぶことによる、地球環境に配慮した問題解決能力の育成

 


 

学習内容

5年

目指す能力

実践的技術者としての素養を高めること。

達成目標

物質コースまたは生物コースに係わる専門工学を修得すること。
地球環境に配慮した科学技術について理解を深めること。
卒業研究に取組むこと。

達成課題例

(物質コース)物質の性質や構造・機能について総合的に理解できること。
(生物コース)生体内におけるエネルギー産生について説明できること。
地球環境問題を含めた環境科学の現状について理解できること。

4年

目指す能力

専門工学の知識を深めること。

達成目標

高等教育程度の「無機化学」、「有機化学」、「物理化学」、「生物化学」、「化学工学」の知識を修得すること。
化学工学実験、生物化学実験、物質工学実験(または生物工学実験)を修得すること。

達成課題例

錯体の命名法や結晶場理論を理解できること。
アミンの合成と反応について説明できること。
エントロピーや自由エネルギーなどの熱力学的事項を説明できること。
酵素反応を説明できること。
熱収支、総括伝熱係数などの伝熱の基本法則が理解できること。

3年

目指す能力

専門工学の知識を深めること。

達成目標

高等教育入門程度の「無機化学」、「有機化学」の知識を修得すること。
「物理化学」、「生物化学」、「化学工学」の基礎知識を修得すること。
無機化学実験、有機化学実験、物理化学実験を修得すること。

達成課題例

s, p, d軌道を用いた原子の電子配置を書くことができること。
SN1, SN2, E1, E2反応機構について説明できること。
熱力学第1法則を説明できること。
糖、たんぱく質、脂質の一般構造式が書けること。
SI単位系の理解と単位換算ができること。

2年

目指す能力

「高校化学II」、高等教育導入レベルの化学及び微生物学を理解すること。

達成目標

「分析化学」、「無機化学」、「有機化学」の基礎知識を修得すること。
分析化学実験を修得すること。

達成課題例

酢酸ナトリウム、塩化アンモニウム水溶液のpHを計算できること。
元素の一般的性質と周期性について説明できること。
全有機化合物の分類と命名ができること。

1年

目指す能力

「高校化学I」、「高校生物I」の知識を理解すること。

達成目標

大学入試センター試験「化学I」(有機化学を除く)の問題が解けること。

達成課題例

化合物の結合様式を説明できること。
化学反応式が示す量的関係を計算できること。

ページ先頭へ▲