機械工学科

ものを創り出す機械技術者の育成

教育目標

 機械工学は、工業技術のあらゆる部門に共通して必要な学問であり、技術革新が進む中でますます重要となっています。本学科は、機械工学の専門について深くその理論を教授するとともに、設計製図・機械工学実験・機械工作実習を通して、実践的機械技術者として将来工業の各分野でその要望にこたえることができるよう、自主開発能力を高め、さらに、公害問題や、環境問題を意識した機械について考えることのできる人材の育成を目標としている。

 

人材育成・教育上の目的

kikai_souti.PNG(1) 継続的な社会を担うものづくり、生産技術の基盤となる機械工学及び情報処理技術の知識を総合的に有し、技術開発を行うことのできる技術者の育成

(2) 「機械とシステム」、「設計と生産」、「ダイナミックス」、「エネルギー」及び「情報と計測・制御」に関する専門知識並びに実験及び卒業研究等を計画・遂行し、それを工学的に考察する基礎能力の育成

(3) 基礎からシステム構成までを通した総合的な知識・技術を有し、それらを問題解決に応用・実践できる能力の育成


 

学習内容

5年

目指す能力

機械工学に携わる実践的技術者としての自主開発能力を高めること。

達成目標

生産システム、エネルギーシステム、制御システムの各分野の科目を修得すること。
「卒業研究」に取り組むこと。

達成課題例

習得した専門科目の基礎学力と応用能力を養うこと。
機器の操作を修得し、実験装置の設計製作ができること。
研究の計画能力、遂行能力、創造力、発表能力などを養うこと。

4年

目指す能力

基礎的専門工学の知識を理解すること。

達成目標

「材料力学Ⅱ」、「流体工学Ⅰ」、「熱工学Ⅰ」、「計測工学」、「情報処理概論」などの知識を修得すること。
「機械工作実習Ⅳ」、「機械設計製図」、「機械工学実験Ⅱ」、「総合機械設計製作」を修得し、「基礎研究」に取り組むこと。

達成課題例

材料に蓄えられる歪エネルギーを計算し,カスティリアノ定理が利用できること。
ベルヌーイの式や運動量保存則、層流、乱流、物体周りの流れを説明できること。
地球の温暖化について理解すること。
熱力学第1法則と第2法則を説明でき、理想気体の状態変化を計算できること。
センサの基礎と力センサ,光センサおよび温度センサの機能を説明できること。

3年

目指す能力

基礎的専門工学の知識を理解すること。

達成目標

「工業力学Ⅱ」、「材料力学Ⅰ」、「機構学」の知識を修得すること。
「機械設計法」、「CAD/CAM工学Ⅰ」、「機械工作実習Ⅱ、Ⅲ」、「機械工学実験Ⅰ」を修得すること。
「解析学」、「統計学Ⅰ」を修得すること。

達成課題例

剛体運動の力学を理解することと現象のモデル化、数式化能力を養うこと。
応力,歪の定義を覚えて.力の釣合より棒材に作用する応力,歪,変形量を求めることができること。
コンピュータを用いて機械の図面が描けること。
旋盤やフライス盤などの操作ライセンスを取得すること。

2年

目指す能力

微分、積分、線形代数、物理、化学および高等教育導入レベルの機械基礎を理解すること。

達成目標

「工業力学Ⅰ」、「材料学Ⅰ」、「機械工作法Ⅱ」を修得すること。
「機械製図基礎Ⅰ、Ⅱ」、「機械工作実習Ⅰ」を修得すること。
「微分積分」、「線形代数」、「物理」、「化学」を修得すること。

達成課題例

機械部品に働く力や機械部品の運動についての計算力を養う。
金属材料の仕組みやその試験方法および鋼、鋳鉄について説明できること。
機械部品の図面を描くことができ、金属部品の基本的な加工ができること。
微分、積分および線形代数の計算ができること。

1年

目指す能力

機械の仕組みについて考える能力を養う。
機械部品の加工方法を説明できる。
数学、物理、化学などの高校レベルの基礎的な能力を得ること。

達成目標

道具としてのパソコンを使いこなすこと
「メカワールド」、「機械工学演習」、「情報処理基礎」、「機械工作法Ⅰ」を修得すること。
「基礎数学A、B」、「物理」、「化学」の基礎知識を修得すること。

達成課題例

機械工学の概要を理解し、文章化できること。自分の将来の希望を明確にする。
簡単な機械の分解組み立てができ、力学実験を行い、報告書を作成すること。
金属部品の加工方法(鋳造、鍛造、溶接、切削など)を理解すること。
Word, Excelを使用して、簡単な報告書作成、表計算とグラフ作成ができること。
数式変形や関数の計算、および力学などの自然現象、物質についての基本を理解できること。

ページ先頭へ▲