(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

新開 純子(しんかい じゅんこ)

基本情報

5K5A6815.jpg

氏名: 新開 純子(しんかい じゅんこ)
所属: 電子情報工学科
職名: 教授
学位: 博士(学術)
授業担当科目: プログラミング, アルゴリズムとデータ構造
所属学会: 教育システム情報学会, 日本教育工学会
専門分野: 教育工学
校務分掌: 校長特別補佐(射水)
メールアドレス: shinkai(a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。
ホームページ:

 

研究テーマ

    1. プログラミング学習環境の構築と評価
    2. ブレンディッドラーニングの効果的活用に関する研究
    3. eラーニングの学習履歴の活用に関する研究

 

技術相談分野

    1. プログラミング教育

 

教育研究業績

    • Junko Shinkai, Yoshikazu Hayase & Isao Miyaji. A Trial of Algorithm Education Emphasizing Manual Procedures. Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2016, pp. 113-118(2016).

    • Junko Shinkai, Yoshikazu Hayase & Isao Miyaji . Practice and Effects of Programming Education in Blended Quiz Production, Proceedings of The Sixth International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line eLmL 2014 ,pp.108-110(2014).

    • 新開純子,宮地功 : 手作業によるアルゴリズム教育の実践,日本教育工学会論文誌,vol.35,Suppl.,pp.129-132(2011).
    • 新開純子,宮地功 : ブレンド型授業によるプログラミング教育の効果,教育システム情報学会誌,Vol.28,No.2,pp.151-162(2011).
    • 新開純子,宮地功 : プログラミング学習支援システムを用いた入門教育の実践,日本教育工学会誌,Vol.33,Suppl.,pp.5-8(2009).
    • 新開純子,宮地功 : プロセス重視と評価活動を取り入れたCプログラミング教育の効果,教育システム情報学会誌,Vol.26,No.1,pp.16-29(2009).
    • 科学研究費(基盤研究C)研究代表,アルゴリズム設計能力育成のためのブレンド型導入教育に関する研究,平成28年度‐平成30年度

    • 科学研究費(基盤研究C)研究代表,手作業によるアルゴリズム構築支援教材の開発とくさび型授業展開に関する研究,平成25年度‐平成27年度

    • 科学研究費(基盤研究C)研究代表,プログラミング協調学習環境の開発とブレンディッド授業の展開に関する研究,平成22年度‐平成24年度

 

コメント

プログラミング教育やアルゴリズム教育の効果的学習環境の構築や指導法を研究しています。

ページ先頭へ▲