(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

袋布 昌幹(たふ まさもと)

基本情報

tafu_TNCT.jpg

 氏名: 袋布 昌幹(たふ まさもと)

所属: 物質化学工学科

職名: 教授

学位: 博士(工学)

授業担当科目: 技術と環境,エコマテリアル特論,材料工学I,エコマテリアル等

所属学会:American Ceramics Society,日本セラミックス協会(行事企画委員,北陸支部幹事,評議員),エコテクノロジー研究会(副理事長),無機マテリアル学会(評議員), 日本アパタイト研究会(評議員),日本分析化学会(中部支部幹事),廃棄物資源循環学会,日本水環境学会,経営倫理学会

校務分掌: イノベーションセンター長,陸上部顧問

社会活動:筑波大学北アフリカ研究センター客員共同研究員,(国研)物質・材料研究機構リサーチアドバイザー,富山市環境審議会委員,富山市産業廃棄物処理施設審査会委員,富山県環境審議会廃棄物専門部会専門員,富山県環境審議会水環境専門部会専門員,富山県産業廃棄物処理施設審査会委員,富山県環境科学センター外部評価委員会委員,(公社)富山県浄化槽協会制度管理委員会委員,NPO法人環境技術支援ネットワーク理事,(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構ピアレビューア

 

メールアドレス: tafu(a)nc-toyama.ac.jp

※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。

 

ホームページ: http://www.ecotech-tnct.jp/lab/tafu.html

 

研究テーマ

    1. 生体内物質循環にヒントを得た新規環境技術の開発
    2. 廃石膏ボードのリサイクルを推進する社会システム,技術開発
    3. 小規模フッ素等排水処理に適した技術パッケージの開発

 

技術相談分野

    1. 廃石膏ボードリサイクル(特に土木資材)に関すること
    2. 小規模な排水(特にフッ素)処理に関すること
    3. 機能性リン酸塩の有効利用に関すること

 

教育研究業績

(1)袋布昌幹,室山峻紀,高松さおり,豊嶋剛司,丁子哲治,松下祐也,藤田 巧, “第二リン酸カルシウム二水和物(DCPD)を用いたフッ素排水処理に伴うリン酸溶出の抑制技術開発”, 環境と安全,8(1), 25-31 (2017)

(2)M. Tafu, Y. Arioka, S. Takamatsu, T. Toshima, “Properties of sludge generated by the treatment of fluoride-containing wastewater with dicalcium phosphate dihydrate”, Euro-Mediter.r J. Environ. Integr., 1: 4 (2016)

(3)Z. Yang, T. Shimizu, T. Kitajima, K. Morisato, N. Moitra, N. Brun, T. Kiyomura, Y. Zhu, T. Nakanishi, K. Kanamori, K. Nakanishi, S. Ichii, K. Iwaida, Y. Masui, T. Kamei, T. Shimada, A. Kumamoto, Y. Ikuhara, M. Jeon, G. Hasegawa, M. Tafu, C.W. Yoon, “Amine/Hydrido Bifunctional Nanoporous Silica with Small Metal Nanoparticles Made Onsite: Efficient Dehydrogenation Catalyst”, ACS Appl. Mater. Interfaces, 9 (1), 36–41 (2017)  他

(1)M. Tafu, A. Manaka, “Immobilization of Fluoride and Heavy-Metals in Polluted Soil”, Environmental Remediation Technologies for Metal-Contaminated Soils (Ed. H. Hasegawa et al.), Chap. 17, pp. 147-159 (総ページ254ページ), Springer (2015)

(2)袋布昌幹,” 廃石こうボードなどの建設廃棄物のリサイクルと有効利用”, 「製造プロセスにおける排水・廃材からの資源回収」(伊藤秀章監修),CMC出版,138-144 (2010)他

代表として採択された競争的研究資金 科学研究費(基盤B : H19~21,H23~25, 基盤C:H29〜31,若手B : H14~16,奨励A : H8),環境省科研費(H20~22,16~18),NEDO産業技術研究助成(H16~19),NEDO大学発事業創出実用化研究開発事業(H19~H21)など

 

コメント

 国内外十数社の連携・共同研究によりフッ素不溶化剤や土壌改良剤等を実用化・上市した実績を活かし,地域の中小企業のイノベーションにKOSENがどのように貢献できるかを常に意識した人材育成,研究活動を行っています。企業によるナショナルプロジェクトの申請・採択・遂行を支援した実績もありますので,新しいエコ・ソリューションの構築の際には是非ともお気軽にお声をおかけください。詳細は研究プロジェクトWebページ(http://www.ecotech-tnct.jp/)をご覧下さい。最新の研究・教育情報を掲載しております。

 公開講座やアウトリーチなどを通して,社会との双方向の情報共有を進めていければと思いますので,お気軽にお声をおかけください。

ページ先頭へ▲