(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

喜多 正雄(きた まさお)

基本情報

a_kita26.jpg氏名: 喜多 正雄(きた まさお)
所属: 機械システム工学科
職名: 准教授
学位: 博士(工学)
授業担当科目: 材料物性I, 基礎材料工学Ⅰ,IIなど
所属学会: 日本セラミックス協会, 資源素材学会, 電気化学会等
専門分野: 無機材料
校務分掌: 国際交流センター員
メールアドレス: kita(a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。

 

研究テーマ

    1. 新しい酸化物半導体の開発
    2. 相変態に関する研究
    3. 透過型電子顕微鏡(TEM)による微細構造の解析

 

技術相談分野

    1. X線回折による定性分析
    2. 透過型電子顕微鏡による微細構造の観察

 

教育研究業績

    1. M. Kita, T. Fukada, S. Yamaguchi, T. Omata, “High temperature phases with wurtzite-derived structure in Zn2LiGaO4–ZnO alloy system“ Journal of Alloys and Compounds, 688, 69-76, (2016)
    2. T. Omata, H. Nagatani, I. Suzuki, M. Kita, “Wurtzite-derived ternary I-III-O2 semiconductors” Science and Technology of Advanced Materials,16, 024902 (7pp), (2015)
    3. M. Kita, T. Omata, S. OTSUKA-YAO-MATSUO and M. KATADA, “a-PbO2-Related Phase Appearing in the SnIV-Ta-O System Transformed from Cation-Ordered Fluorite-Related Phase” Journal of the Ceramic Society of Japan 122, 902-907, (2014)

 

コメント

 無機化合物の光学的・電気的な性質、透過型電子顕微鏡を用いた構造解析の研究を行っています。

ページ先頭へ▲