(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

経田 僚昭(きょうでん ともあき)

基本情報

ss_kyouden26.jpg

氏名: 経田 僚昭(きょうでん ともあき)
所属: 商船学科
職名: 准教授
学位: 博士(工学)
授業担当科目: 工業熱力学,工作実習,実験実習
所属学会: 日本機械学会,日本伝熱学会,日本冷凍空調学会
専門分野: 伝熱工学,エネルギー変換工学
校務分掌: 専攻科担当,メカトロ技術研究部
メールアドレス: kyouden(a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。
ホームページ: 

 

研究テーマ

  1. 熱音響冷凍機の高効率化
  2. 熱音響現象の応用技術の開発
  3. 脈動流場のその場流速観測

 

技術相談分野

  1. 振動流体の数値解析
  2. 振動エネルギーと熱エネルギーの有効利用技術
  3. 周期的な時間変動を伴う流れ場に関する現象

 

教育研究業績

  • Tomoaki Kyoden, Youichi Yasue, Hiroki Ishida, Shunsuke Akiguchi, Tsugunobu Andoh, Yogo Takada, Tsunenobu Teranishi,Tadashi Hachiga,Multi-channel laser Doppler velocimetry using a two-dimensional optical fiber array for obtaining instantaneous velocity distribution characteristics,Jpn. J. APP. Phys.,2015,Vol.54 No.1 012501 (1)-(6) 
  • 向瀬紀一郎,内山憲子,西井典子,岩崎寬希,中谷俊彦,小田真輝,遠藤真,石田邦光,経田僚昭,エクセルで試してわかる数学と物理,海文堂出版,2014,全280ページ.

  •  

    経田僚昭,多田幸生,瀧本昭,大西元,枝管付きループ管型熱音響冷凍機における冷却性能の数値シミュレーション,日本冷凍空調学会論文集,2013,Vol.30 No.4 (341-352)

 

コメント

 熱と音の相互変換現象である「熱音響現象」について,実験と理論解析による応用技術の確立を試みております。一例として,熱音響現象を冷却システムに応用した「熱音響冷却機」を構築し,次世代型冷却システムへの発展を目指しております。

ページ先頭へ▲