(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

河合 雅司 (かわい まさし)

基本情報

5K5A6834.jpg

氏名: 河合 雅司 (かわい まさし)
所属: 商船学科
職名: 教授
学位: 博士(工学)
授業担当科目: 航海測位論,航法システム論,航海科学
所属学会: 日本航海学会,日本測地学会,測位航法学会
専門分野: 航法システム,寄り回り波
校務分掌: 商船学科5年担任,ヨット部顧問
メールアドレス: mkawai (a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。
ホームページ: http://www2.nc-toyama.ac.jp/~mkawai/

 

研究テーマ

  1. 寄り回り波予報システムに関する研究
  2. 海面の周期的変動に関する研究
  3. 衛星航法システムの測位精度に関する研究

 

技術相談分野

  1. 寄り回り波に関する分野
  2. 測位(位置を求める)に関する分野

 

教育研究業績

  • 河合雅司・北村康司・後藤佑介・川口清司,富山湾沿岸における長周期的水位変動について,日本航海学会論文集,第135号,pp.19-26,2016年12月.
  • 河合雅司・後藤佑介・北村康司・川口清司,沿岸におけるうねり性波浪による水位変動の検証, 日本航海学会論文集, 第134号, pp.44-51, 2016年7月. 
  • 河合雅司・平山克也・北村康司・川口清司,うねり性波浪に伴う富山湾沿岸の水位変動について,日本航海学会論文集,第132号,pp.28-35,2015年7月
  • Masashi Kawai, Takeyasu Sakai, Minoru Yamamoto, Hideki Kadomura, and Akio Yasuda, On the Availability of DGPS System Based on Terrestrial Digital One-segment Broadcasting, Proceedings of International Symposium on GPS/GNSS 2008,pp.422-427,November,2008.

 

コメント

 2010年より富山新港内にデジタル水位計を設置して水位観測、そして、本校屋上にGPSアンテナを設置してDGPS測位観測を定常的に行っています。教育・研究の成果をWEB上(http://www2.nc-toyama.ac.jp/~mkawai/)で公開しています。

ページ先頭へ▲