(平成29年4月現在)
一つ前に戻る


教員プロフィール

横山 恭子(よこやま きょうこ)

基本情報

yokoyama.JPG

氏名: 横山 恭子(よこやま きょうこ)
所属: 一般教養科
職名: 助教
学位: 博士(史学)
授業担当科目: 歴史I,歴史II
所属学会: 東京大学史学会,日本歴史学会,朝鮮学会,交通史学会,地方史研究協議会,三田史学会,加賀藩研究ネットワークなど
専門分野: 近世日朝関係史,朝鮮通信使研究
校務分掌: バドミントン部顧問
メールアドレス: k-yokoyama(a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。

 

研究テーマ

  1. 朝鮮通信使迎送体制と対馬藩宗家

  2. 近世日朝関係と加越能地域史

 

技術相談分野

    1. 近世文書の解読方法

    2. 韓国語翻訳(史学関連分野)

 

教育研究業績

  • 横山恭子「朝鮮通信使人馬役と商人請負制の展開-享保四年通信使行列の通行実態から」(『交通史研究』第81号,2013年,pp.32-57)査読有
  • 横山恭子「近世中期加越能地域の朝鮮人御用-享保四年越中国砺波郡の駅馬派遣から-」(『日本歴史』第779号,2013年,pp.37-52)査読有
  • 横山恭子「朝鮮通信使乗馬役と加賀藩前田家-正徳・享保期の鞍置馬派遣を中心に-」(『地方史研究』第359号,2012年,pp.43-61)査読有
  • 横山恭子「近世中期朝鮮通信使乗馬役の研究-道中における鞍置馬・鞍皆具負担を中心に-」(『史学』第79巻第4号,2010年,pp.341-370)査読有
  • 横山恭子「近世中期朝鮮通信使の乗馬調達」(『朝鮮学報』第213輯,2009年,pp.37-72)査読有
  • 趙炳魯著・轟博志翻訳監修・訳註・横山 恭子翻訳「韓国交通史研究の現状と展望-三国~朝鮮時代の陸上道路交通を中心に-(その一)~(その三)」(『交通史研究』第80-82号,2013-2014年,pp.3-24,pp.1-14,pp.1-20)査読有
  • 第8回「德川奨励賞」受賞(公益財団法人德川記念財団,2010年)

 

コメント

 近世日朝外交記録の『対馬宗家文書』や『加越能文庫』を中心とした藩政文書・地方文書を解読しながら、朝鮮通信使研究に取り組んでいます。

ページ先頭へ▲