(平成29年4月現在)

一つ前に戻る


教員プロフィール

長谷川 貴之(はせがわ たかゆき)

基本情報

氏名: 長谷川 貴之(はせがわ たかゆき)

所属: 一般教養科

職名: 教授

学位: 理学士(京都大学),理学修士(大阪府立大学),(広島大学大学院総合科学研究科博士課程後期単位取得満期退学).

授業担当科目: 数学特講等

所属学会:アメリカ数学会,日本数学教育学会,数学教育学会,日本時間学会,専門日本語教育学会,日本神経科学学会,等.
日本時間学会理事,日本時間学会『時間学研究』編集委員長,富山県数学教育会理事・副会長.

専門分野: 数学教育,時間学(数学,統計,行動科学,心理物理学,生理心理学,脳神経科学).

校務分掌: 種々.

メールアドレス: hhasseggawwa(a)nc-toyama.ac.jp
※メール送信の際は(a)を@に置き換えて送信して下さい。

 

研究テーマ

  1. 数学教育(高大接続,留学生受入,大学初年次,統計)
  2. 時間学(数理知覚時間論)

 

技術相談分野

  1. 数学指導法
  2. 動物実験(ラットの飼育とオペラント行動実験)
  3. TeX組版,MATLABプログラミング 

 

教育研究業績

  • 『国語式数学I』,『国語式数学II』(2006) サイエンティスト社(単著).
  • 『留学生のための教科書 数学』(2006) 大阪外国語大学(現在,大阪大学)日本語日本文化教育センター(単著).
  • 「大学入学前教育・大学初年次教育を目的とした数学教材の開発的研究」平成21・22・23年度科学研究費補助金基盤研究(C),幹事・研究分担者.
  • 「文化的目的を意識した高校と大学をつなぐ数学学習教材の開発的研究」平成24・25・26年度科学研究費補助金基盤研究(C),幹事・研究分担者.
  • 「数学理解を育む可視化や表現変換のプロセスを味わうための高大連携教材の開発的研究」平成28・29・30年度 科学研究費補助金基盤研究(C),研究分担者.
  • 「非漢字圏アジア留学生のための日本語教育と理工系専門教育の高大接続を目指す協働研究」平成28・29・30・31年度 科学研究費補助金基盤研究(B),研究分担者.
  • A model of multisecond timing behaviour under peak-interval procedures (T. Hasegawa,S. Sakata),Journal of Computational Neuroscience(2015) 38:301-313, DOI 10.1007/s10827-014-0542-4(査読付) 論文PDF(外部リンク)
  • Small Deviations from the Scalar Property and Carry-Over Effects(T. Hasegawa,S. Sakata),Journal of Veterinary Science & Technology (2016) 7:294,doi:10.4172/2157-7579.1000294(査読付) 論文PDF(外部リンク)
  • 生物の「時間知覚」は数学で説明できるのか?―学際分野での数学,大竹真一編『どうして高校生が数学を学ばなければならないの?』(2017)収録,大阪大学出版会(単著).

 

コメント

ページ先頭へ▲