平成25年11月12日(火)
平成25年度グリーンイノベーション研究会分科会『第1回未利用バイオマスの有効利用に関する研究会』を開催しました。

 11月12日,本郷キャンパス大会議室においてグリーンイノベーション研究会分科会「第1回未利用バイオマスの有効利用に関する研究会」を開催しました。本研究会は,未利用バイオマスの農産系資源(稲わら,もみ殻)や木質系資源(間伐材,林地残材等)を有効利用する技術を農林工連携で取り組んでいくために開催されたものです。株式会社タイワ精機をはじめとした多くの県内企業に参加していただきました。はじめに,石原外美校長による開催の挨拶があり,代表の太田孝雄准教授による研究会設立の主旨説明の後,学外の産学官の農業に関わりの深い方々をお招きし,以下の講演発表が行われました。

   ・富山市の農林業分野における産学官連携の取組 
            (富山市環境部環境政策課 中村圭勇氏)
   ・中山間地域農業での取り組みと課題、可能性
            ((有)土遊野 橋本めぐみ氏)    

   ・未利用バイオマスを使った材料技術開発
            (本校機械システム工学科 太田孝雄)
   ・農業教育と農業技術の取り組みや紹介 
            (県立中央農業高校 農場長 室井康志氏)
   ・農業活性化の企業の役割
            ((株)タイワ精機 会長 高井芳樹氏 )  

  参加者からは多くの質問が寄せられ,活発な意見交換が行われました。
 なお,第2回未利用バイオマスの有効利用に関する研究会は平成26年1月,第10回グリーンイノベーション研究会は,平成25年度中に開催する予定です。

  関心のある様々な分野の方々の参加をお待ちしております。

11.jpg   14.jpg   13.jpg

   石原校長の挨拶     高井芳樹会長の講演    橋本めぐみ氏の講演

12.jpg 

  室井康志先生の講演