研究業績

著書論文  総説  紀要等  特許  招待講演  国際学会  学会  受賞  展示会等  外部資金獲得状況

著書論文

・間中淳、横田優貴、中村尊、古山彰一、袋布昌幹、入江光輝、スマートデバイスによる携帯型オンサイト水質分析―乾燥地における硝酸態窒素測定を例として―、砂漠研究,27-1,p55-58 (2017).

・古山彰一、中村尊、小林龍也、藤島政樹、間中淳、入江光輝、色情報を用いた水質調査用Androidアプリケーションの開発、砂漠研究,27-1,p59-63 (2017).

・袋布昌幹、藤田沙也、京角早織、豊嶋剛司、高松さおり、間中淳、入江光輝、未利用資源を用いたフッ素処理剤の開発と性能評価、砂漠研究,27-1,p49-54 (2017).

Atsushi Manaka, Takahiro Ichida, Takeru Nakamura, Shoichi Fruyama, Makoto Satoda, Masamoto Tafu, Mituteru Irie, and Shukuro Igarashi,Development of Original Attachment and Application Software for Simple Fluoride Analysis using Smart Device,Modern Environmental Science and Engineering, 2, 289-293 (2016).

・間中淳,五十嵐淑郎,変色した「時間」・「数」による濃度の計測技術,化学と教育,64, pp20-21 (2016).

・M.Tafu, A.Manaka,Immobilization of Fluoride and Heavy-Metals in Polluted Soil,Environmental Remediation Technologies for Metal-Contaminated Soils (Ed. Hasegawa, Hiroshi et al.),Springer Japan(2015),pp147-159.

・M Tafu, T Toshima, A Manaka, T Chohji, M Irie, “Chemical prosperity of various chemical gypsums from viewpoint of particle morphology”, J. Phys.: Conf. Ser., 596, 012001 (2015).

・ M.Tafu, T.Kawakami, A.Manaka, S.Furuyama, T.Toshima, T.Chohji, Sustainable North African Society: Exploring Seeds and Resources for Innovation (Ed. H.Isoda et al.), NOVA SCIENCE PUBLISHERS, INC.,(2014), pp177-186.

間中淳、坂上千尋、佐藤祐、五十嵐淑郎、袋布昌幹、入江光輝; 変色反応に基づく目視分析のためのデバイスの作製と性能評価, Journal of Ecotechnology Research, 17[2], 95- 98 (2014).

・袋布昌幹,間中淳,豊嶋剛司,清水義喜,石田大介,松岡隆晴,石井誠郎,萩野芳章,フッ素汚染土壌の原位置不溶化に用いるリン酸カルシウム塩の適応条件の検討,第11回地盤改良シンポジウム論文集(材料学会),pp37-42(2014).

間中淳, 五十嵐淑郎, 感度と簡易化の向上を目指すマイクロプレート濃度計測法の開発, 分析化学, 62 811-818 (2013).

間中淳,澤井光,佐藤祐, 五十嵐淑郎, オン・オフ型目視‐マイクロプレート法を用いる水道水中残留塩素の定量, 分析化学, 61 777-782 (2012).

間中淳,石橋真奈美,中山彩,中山亜耶, 野田実穂,加藤健,五十嵐淑郎; 滴定法の変色反応を用いる目視-マイクロプレート法とその評価 , 分析化学, 60, 363-366 (2011).

A.Manaka, H.Sawai,M.Tafu,T.Toshima,Y.Serikawa, T.Chohji; A Simple Preprocessing Method using Ion Exchange Resins for the Analysis of Fluoride Content in Gypsum , Journal of Ecotechnology Research, 16[2], 47- 50 (2011).

A.Manaka, Y. Ozaki, S.Igarashi; Visual Microplate Determination of Hydrogen Peroxide by  Autocatalytic Reaction with Sulfite and Hydrogen Peroxide, BUNSEKI KAGAKU, 57  131-134 (2008).

・A.Manaka, T.KuBota, S.Igarashi; “Spectrophotometric detection-microplate analysis of ppb levels of lead (II) with water-soluble porphyrin using micro droplet techniqye by homogeneous liquid-liquid extraction”Journal of Ecotechnology Research, 12[1-2], 72-76 (2006).

T. Horiguchi, A.Manaka,T.Kubota,S.Igarashi; Spectrophotometric Multi-Sample Detection for Trace Amounts of Hemoglobin Using Microtiter Plate Based on the Oxidative Decomposition of the Copper(II)-Phthalocyanine Complex, BUNSEKI KAGAKU, 54 885-889 (2005).

A.Manaka, S.Igarashi, H.Suzuki; Preparation of a microplate and its evaluation for spectrophotmetric multi-sample determination using homogeneous liquid-liquid extraction BUNSEKI KAGAKU, 52 635-639 (2003).

・S. Igarashi, A. Manaka, M. Terunuma, M. Kaneki: “Spectrophotometric Determination of Lead(II) Ion by 96-Well Microplate Electrostatically Immobilized Porphyrin” Analytical Letters, 36 2393-2399 (2003).

A. Manaka, M. Sakai, S. Igarashi: “Chemical analysis for small amounts of horseradish peroxidase using porphyrinogen as a chromogenic reagent” Analytica Chimica Acta, 478 37-42 (2003).

・A. Manaka, S. Igarashi: “Simple Determination of Trace Amount of Antigen Using Autocatalytic Reaction with Na2SO3 and H2O2 Followed by Enzyme Immunoassay Analytical Letters, 36, 135-144 (2003).

総説

・間中淳, タッチするだけで金属アレルギー原因物質を検出できる試験紙, ぶんせき(トッピクス) 2017.p359.

・間中淳, 五十嵐淑郎,簡易分析法の開発における高性能化の進歩, ぶんせき(進歩総説) 2013.p543-549.

・間中淳, 強酸性水溶液中で働く金属イオンの固相抽出剤, ぶんせき(トッピクス) 2013.p45.

・間中淳, 微小な固相反応場を用いた分析技術, ぶんせき(トッピクス) 2012, p107.

・間中淳,五十嵐淑郎,数をかぞえて濃度を知る新しい環境モニタリング技術-eye-Mip法-,「OHM」5月号 HEADLINE Review Energy & Environmental Technology, p2-3 (2011).

紀要等

・間中淳、日出島拓、五十嵐淑郎、ウレアーゼの目視定量法の開発、富山工業高等専門学校紀要、第43巻p5-8 (2009).

・間中淳、五十嵐淑郎、均一液液抽出法を用いるリン酸イオンの目視定量、富山工業  高等専門学校紀要、第41巻p21-24 (2007).

特許

・間中淳, 古山彰一, 里田誠, 光学測定装置, 特願2015-153000 (2015年8月)

間中淳、五十嵐淑郎、目視濃度定量法及び反応容器,特許5024540号 (2012年6月)

・五十嵐淑郎,間中淳,鈴木長,分析試料容器,分析装置および分析方法,特許4362315号 (2009年8月)

・五十嵐淑郎,間中淳,鈴木長,分析試料容器用アタッチメント,分析方法および分析装置,特許4362314号 (2009年8月)

・五十嵐淑郎,高畑圭二,間中淳,大戸登喜雄,野田直広,標識酵素の計測方法,特願 2001-078340 (2001年3月)

招待講演等

・間中淳、先端の「色」分析法を目指して ~二値化した変色反応とスマートデバイスによる計測法を例に~、第14回茨城地区分析技術交流会(いばらき量子ビーム研究センター)2017.12.1


・間中淳,高性能分析反応とスマートデバイスを用いる計測装置による簡易計測分析システムの構築,平成29年度廃炉分析技術若手セミナー(福島大学)2017.9.27


・間中淳,古山彰一、袋布昌幹、スマートデバイスを計測装置とする新規オンサイト比色分析法,第 21 回関⻄⽀部コロイド・界⾯実践講座(神戸大学)2017.1.24


・間中淳,超簡易迅速分析システムとイオン種定量,平成28年度廃炉分析技術若手セミナー(福島大学)2016.9.29


・間中淳,古山彰一,里田誠,袋布昌幹,入江光輝,五十嵐淑郎,スマートデバイスを用いる簡易計測法の開発,日本分析化学会第65年会 (北海道大学)2016.9.14


・間中淳, 古山彰一,袋布昌幹,篠崎由紀子,高松さおり,国立高専の研究高度化のための環境分野・分析法開発の取り組み,水処理材料・技術公開セミナー(島根大学)2016.6.9


・間中淳,マイクロプレート法を用いた微少体積試料の高性能簡易計測法の創出,第34回分析化学中部夏期セミナー(静岡)2015.8.31


・間中淳,五十嵐淑郎,二値化した変色反応に基づく明確な濃度の「見える化」技術,第3回資源・環境対応セラミックス材料/技術研究討論会(名古屋)2011.6.29


国際学会

(2017年度)
・Atsushi Manaka, Yuki Yokota, Yoshiyuki Shibata, Takeshi Kato, Development of simple color analyzer using smart device and its application to hexavalent chromium analysis, Third Conference on Environment, Engineering & Energy 2017(EEE 2017)(Tpronto)2017.9.16

・Yuki Yokota, Atsushi Manaka, Takeshi Kato, Development of highly sensitive colorimetric analysis for hexavalent chromium using phase separation phenomenon, Third Conference on Environment, Engineering & Energy 2017(EEE 2017)(Tpronto)2017.9.16

・Takeshi Kato, Atsushi Manaka, Yuki Yokota; Shukuro Igarashi, Effective and Simple On-site Control System for Heavy Metals Based on Homogeneous Liquid-Liquid Extraction (HoLLE) and Smart Device, Third Conference on Environment, Engineering & Energy 2017(EEE 2017)(Tpronto)2017.9.16

・Haruka Tsunekawa, Atsushi Manaka, Saori Takamatsu, Masamoto Tafu, determination of arsenic in waste gypsum board by using Antidote reaction,15th Conference & Exhibition of the European Ceramic Society, (Budapest, Hungary) 2017.7.9-13

(2016年度)
・Atsushi Manaka, Shoichi Furuyama, Masamoto Tafu, Development of New Color Analyzer for Water Quality using Smart device, PITTCON 2017(Chicago)2017.3.9

・Atsushi Manaka, Shoichi Furuyama, Masamoto Tafu,Development of test paper analyzer for Iron ion using smart device,11th International Forum on Ecotechnology - Penang 2016 -(Technology Collaboration Centre in Penang,Toyohashi University of Technology - Universiti Sains Malaysia), 2016.12.26

・Haruka TSUNEKAWA, Atsushi MANAKA, Saori TAKAMATSU, Masamoto TAFU, New type colorimetry for arsenic without interference of phosphate ion, 11th International Forum on Ecotechnology - Penang 2016 -(Technology Collaboration Centre in Penang,Toyohashi University of Technology - Universiti Sains Malaysia), 2016.12.26

・A. Manaka, S. Furuyama, M. Tafu and S.Takamatsu, Development of Environmental Analysis for Research Advancement of the National College of Technology,International Conference on Engineering and Technology (Toyama Prefectural Civic Center) p75-76. 2016.10.13.

・T. Ichida, A. Manaka, S. Furuyama, M. Tafu, Simple Color Analyzer for Fluoride using Tablet Device,International Conference on Engineering and Technology (Toyama Prefectural Civic Center) S-03. 2016.10.13.

・Yuki Yokota, Atsushi Manaka, Shoichi Furuyama, Masamoto Tafu, Mitsuteru Irie,Mokoto Satoda, Development of New-type Color Analyzer for Nitrate using Smart device, RSC Tokyo International Conference 2016 (Makuhari Messe, Chiba) D08. 2016.9.9.

・Haruka Tsunekawa, Atsushi Manaka,Saori Takamatsu,Masamoto Tafu,Determination of arsenic by using reaction between Ellman's reagent and thio, RSC Tokyo International Conference 2016 (Makuhari Messe, Chiba) C25. 2016.9.9.

・A. Manaka, S. Furuyama, T. Ichida, T. Nakamura, M. Tafu and M. Irie,Development of a color analytical device for fluoride using smart device,5th International Symposium on WATER QUALITY AND HUMAN HEALTH: CHALLENGES AHEAD (University of Peradeniya) p57. 2016.8.4.

(2015年度)
・Masahiro Kurimoto, Atsushi Manakaa, Shoichi Furuyama,Simple Analysis of Glucose based on Autocatalytic Reaction and Oxidase reaction,TJASST 2015 (Tukuba Univ.) p57. 2016.2.24.

・Takahiro Ichida, Atsushi Manakaa, Shoichi Furuyama, Mokoto Satoda, Mituteru Irie, Simple Fluoride Analysis based on Smart Device,TJASST 2015 (Tukuba Univ.) p86. 2016.2.24.

・Kurimoto Masahiro, Manaka Atsushi, Furuyama Shoichi,Development of simple analysis using smart device based on autocatalytic reaction with Na2SO3 and H2O2 followed by oxidase reaction,2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) p210. 2015.12.17.

・S.Fukiage,A.Manaka,M.Tafu,M.Irie,S.Igarashi, Development of visual analysis of fluoride using test paper with On-OFF color change reaction, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) p210. 2015.12.16.

・A.Manaka, S.Furuyama, M.Tafu, M.Irie, S.Igarashi, Simple analytical methods of fluoride for Sri Lanka, Proceeding of 4th water symposium on " Water quality and human health: Challenges ahead" (Peradeniya University, Sri Lanka)p37.(2015).

(2014年度)
・A.Manaka, S.Furuyama, M.Tafu, M.Irie, S.Igarashi, Examination of Two type of Visual Fluoride Analysis, 9th International Forum on Ecotechnology (Miyako Island, Okinawa)

・S.Fukiage, A.Manaka, M.Tafu, M.Irie, S.Igarashi, Investigate of Test Paper Analysis of Fluoride ion based on Binary Color Reaction, 9th International Forum on Ecotechnology (Miyako Island, Okinawa)

・A.Manaka, K.Kaburagi,S.Furuyama, M.Tafu,M.Irie, and S.Igarashi,ON-SITE ANALYSIS COMBINED WITH AUTOCATALYTIC REACTION AND SMART DEVICE, Tunisia-Japan Symposium R&D of Energy and Material Science for Sustainability 2014(Tunisia), 2014.11.30.

・Yuma Morita, Takeshi Toshima, Atsushi Manaka, Masamoto Tafu,On-site Determination of Fluoride in Gypsums, International Symposium on Technology for Sustainability 2014(ISTS 2014)(台湾国立台北科技大学) 2014.11.19-21.Presentation Award 受賞


(2013年度)
・A.Manaka, T.Sakagami, Y.Sato, S.Igarashi,Development of visual analysis for fluoride ions with On-OFF color change reaction by image processing technology assistance, PITTCON 2014 ( McCormick Place in Chicago) 2014.3.4

・A.Manaka, S.Shimakura, M.Furukawa, S.Igarashi,Visual determination of Pb(II) ion using Autocatalytic reactionwith Na2SO3 and H2O2, 8th International Forum on ecotechnology (Kume, Okinawa)2013.12.21

・Atsushi Manakaa, Masamoto Tafua, Mitsuteruu Irieb, Shukuro Igarashic,,Development of on-site analytical device for fluoride with On/OFF color reaction,The Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology(TJASSST 2013) (Hotel El Mouradi-Hammamet, Tunisia)2013.11.17

・A.Manaka,G.Yamazaki, M.Tafu, M.Irie, and S.Igarashi,Visual Analysis for Fluoride based on Binary Color Reaction With Lanthanum Alizarin Complexone and Aluminium Ion And User Test in Tunisia Lyceum Student, International Joint Conference CB-WR-MED Conference/ 2nd AOP’Tunisia Conference for Sustainable Water Management, (Tunis) 2013.4.26

(2012年度)
・A.Manaka,G.Yamazaki, T.Kawakami, M.Tafu and S.Igarashi,Effect of Addition of Aluminum Ion For Colour Reaction of Lanthanum Alizarin Complexone and Application to Visual Analysis of Fluoride ion, 2 nd International Symposium on WATER QUALITY AND HUMAN HEALTH: CHALLENGES AHEAD, (University of Peradeniya, Sri Lanka) 2013.3.16

・A.Manaka,G.Yamazaki, S.Igarashi,Visual analysis for fluoride based on binary color reaction with Lanthanum alizarin complexone and Aluminium ion, International Forum on Ecotechnology (Takaoka city) 2012.12.16

・Atsushi Manaka, Kazuya Tamura, Kohmei Harajiri, Shukuro Igarashi,Immobilization of color reaction with lanthanum alizarin complex for On-Off Type Visual Determination for Fluoride, ciety of Environmental Toxicology and Chemistry Asia Pacific 2012 (Kumamoto)

・A.Manaka,G.Yamazaki, S.Igarashi, Examination of Two Color discrimination Reaction for Visual Fluoride Determination, Analytical Research Forum 2012(Durham University,U.K) 2012.7.2-4

(2011年度)
・ A.Manaka, S.Igarashi, Examination for a binary color reaction for the visual analysis for fluoride, Proceeding of International Symposium on WATER Quality AND HUMAN HEALTH:CHALLENGING AHEAD (Sri Lanka) p40 2012.3.23

・ OKAMOTO Kana, SAWAI Hikaru, MANAKA Atsushi, Tafu Masamoto, CHOUJI Tetsuji, Development of simple separation and determination for analysis of impurity in gypsum,12th Conference of the European Ceramics Society (Stockholm) 2011.6.19-20

・ OKAMOTO Kana, SAWAI Hikaru, MANAKA Atsushi, Tafu Masamoto,CHOUJI Tetsuji, Development of simple separation and determination for analysis of impurity in gypsum,International Congress on Analytical Sciences 2011 (Kyoto International Conference Center) 2011.5.24

(2010年度)
・ MANAKA Atsushi, Tafu Masamoto, Shukuro Igarashi,Application of a Two Color Discoloration Reaction for the Determination of Pollutants in Environment ,International Symposium on "Sustainable use of Water:Challenges Ahead" (Sri Lanka) 2011.3.11

・ Y.Tukagoshi, H.Sawai, A.Manaka, M.Tafu, T.Chohji, On-site determination of impurity in gypsum using simple pretreatment method based on ion exchange resin dissolution, 2010 Internatinaol Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, Hawaii) 2010.12.18

・ MANAKA Atsushi, Shukuro Igarashi, Visual Analysis based on Binary Discoloration Reaction, Tunisia-Japan Symposium -Regional development and Water Resource A New Vision for Sustainable Society (Tunis, Tunisia) 2010.11.28

・SAWAI Hikaru, MANAKA Atsushi, TAFU Masamoto,and CHOHJI Tetsuji, Simple determination of fluoride compounds in the gypsum using ion exchange resin dissolution , 17th Asian Symposium on Ecotechnology(Toyama) 2010.11.12

・KARASHIMADA Ryunosuke, MANAKA Atsushi and IGARASHI Shukuro, Development of simple detection for formaldehyde gas with Na2SO3/NaHSO3/HCHO system , 17th Asian Symposium on Ecotechnology(Toyama) 2010.11.12

(2009年度)
・MANAKA Atsushi, SAWAI Hikaru, TAFU Masamoto, TOSHIMA Takeshi and CHOHJI Tetsuji, On-site analysis for Fluoride based on Ion Exchange Resin Dissolution, 4rd International Forum on Echotechnology (Seoul Korea) 2010.3.9-12

・SAWAI Hikaru, MANAKA Atsushi, TAFU Masamoto, TOSHIMA Takeshi and CHOHJI Tetsuji, Examination for “Ion Exchange Resin Dissolution” as Separation Method for Fluoride in Gypsum, 4rd International Forum on Echotechnology (Seoul Korea) 2010.3.9-12

・Atsushi MANAKA, Hikaru SAWAI, Masamoto TAFU, and Tetsuji CHOHJI,Simple preprocessing method for on-site fluoride analysis in gypsum, Tunisian-Japanese Symposium on Society, Science and Technology, 2009.11.13.

・ SAWAI Hikaru, MANAKA Atsushi, TAFU Masamoto, TOSHIMA Takeshi and CHOHJI Tetsuji, Simple Analysis for Fluoride in Gypsum by Ion Exchange Resin and Absorptiometry with Lanthanum-Alizarine Complexone, 16th Asian Symposium on Ecotechnology(Dalian Chine)2009.10.22   Good Student Award 受賞

(2008年度)
・H.Sawai, A.Manaka, M.Tafu,T.Tashima,Examination of simple preprocessing and determination on Eye-Microplate metho3 rd International Forum on Echotechnology (Beijing China) 2009.3.13-15

・A.Manaka, S.Igarashi, Development of High visibility visual determination based on Eye-Microplate method, 15 th Asian Symposium on Echotechnology (Ishikawa Industrial Promotion Center,) 2008.10.19

・R.Karashimada,A.Manaka, S.Igarashi, High visibility visual determination for formaldehyde using Eye-Microplate method, 15 th Asian Symposium on Echotechnology (Ishikawa Industrial Promotion Center,) 2008.10.19

・A.Manaka, M.Noda, S.Igarashi, Development of New-type visual analysis for Vitamin C, Asia Young Analytical Chemist Session 2008(幕張メッセ)2008.9.4 ポスター優秀賞受賞

(2007年度以前)
・MANAKA Atsushi , IGARASHI Shukuro; Separation of lead (II) ion from tap water using silica gel adsorbed water-soluble porphyrin 13th Asian Symposium on Ecotechnology (Toyama International Conference Center , Japan ) 2006.12.3

・Masaki WATANABE, ATSUSHI MANAKA, SHUKURO IGARASHI; Separation of lead (II) ion from tap water using polystyrene beads immobilized water-soluble porphyrin13th Asian Symposium on Ecotechnology (Toyama International Conference Center , Japan ) 2006.12.3

・MANAKA Atsushi,KUBOTA Toshio, IGARASHI Shukuro; Microplate analysis of low ppb levels of lead (II) ion with water-soluble porphyrin using micro droplet technique by homogeneous liquid-liquid extraction, 12th Asian Symposium on Ecotechnology(Tohoku university China) 2005.8.28

・A. Manaka, S. Igarashi, Chemical analysis by catalytic action for small amounts of peroxidase using “porphyrinogen” as a chromogenic reagent, 2001 IUPAC International Congress on Analytical Science (Waseda University, Japan) p66. 2001.8.10.

・A. Manaka, S. Igarashi, Simple determination of peroxidase using pH change in sulfite-hydrogen peroxide system and its application to immunoassay, 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) p210. 2000.12.17. Best Student Poster Award 受賞


学会

(2017年度)
・加藤 健、永島佑樹、間中 淳、五十嵐淑郎、均一液液抽出(HoLLE)およびスマートデバイスを融合した重金属の高効率オンサイト計測システム、第14回茨城地区分析技術交流会(いばらき量子ビーム研究センター)2017.12.1優秀ポスター賞受賞

・横田優貴、間中淳、 古山彰一、加藤健、均一液液抽出法とスマートデバイス比色分析装置を用いる六価クロムの高感度簡易分析法の開発、第17回高山フォーラム(高山図書館)2017.11.18

・恒川はるか、間中淳、高松さおり、袋布幹昌、土壌中のヒ素分析を指向した比色反応の開発、第23回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(沖縄県男女共同参画センター)2017.11.10

・横田優貴、間中淳、 加藤健、水/2-プロパノール/フタル酸ジメチル系の相分離現象を用いる六価クロムの高感度比色分析法、第7回CSJフェスタ2017(タワーホール舟堀)2017.10.18優秀ポスター賞受賞

・横田優貴、間中淳、 加藤健、水 / 2-プロパノール / フタル酸ジメチル系均一液液抽出法を用いる六価クロムの高感度比色分析法の開発、日本分析化学会第66年会(東京理科大学)2017.9.10若手ポスター賞受賞

(2016年度)
・間中淳, 古山彰一,袋布昌幹,スマートデバイスを用いる水環境分析技術の開発と性能評価、日本化学会第97春季年会(慶応義塾大学)2017.3.16.

・間中 淳,恒川はるか,高松さおり,袋布昌幹,治療薬を用いた3価無機ヒ素の新規比色分析法に関する研究,第22回ヒ素シンポジウム(産業技術総合研究所臨海副都心センター別館)2016.11.18奨励賞受賞


・栗本 将宏、間中 淳、 五十嵐 淑郎、スマートデバイスの支援による酵素反応を用いる簡易計測法の開発、日本分析化学会第65年会(北海道大学)2016.9.14

・市田鷹大、スマートデバイスによるフッ化物イオン分析のためのアタッチメントおよびアプリケーションソフトウェアの開発と性能評価、水処理材料・技術公開セミナー(島根大学)2016.6.9

(2015年度)
・吹上祥平, 吉武彩奈, 間中淳, 加藤健, 五十嵐淑郎,均一液液抽出法による六価クロムの分離・濃縮法の検討,第12回茨城地区分析技術交流会(いばらき量子ビーム研究センター)2015.12.4

・栗本将宏、間中淳, 亜硫酸塩‐過酸化水素系自己触媒反応に対するグルコースオキシダーゼ酵素反応系の影響, 第15回高山フォーラム(高山市図書館)2015.11.13 

・間中 淳、市田鷹大、古山彰一、里田誠、スマートデバイスを用いるフッ化物イオンの簡易計測法の開発、日本分析化学会第64年会(九州大学)2015.9.11

・吹上祥平、間中淳、ON/OFF 変色反応を用いるフッ化物イオンの分析試験紙の開発、第34回分析化学中部夏期セミナー(三保園ホテル、静岡)2015.9.1

(2014年度)
・河西裕太、鏑木かおり、間中淳、古山彰一、五十嵐淑郎、スマートデバイスの支援による自己触媒反応計測法の開発-フッ化物イオンなどを例にして-、第11回茨城地区分析技術交流会(いばらき量子ビーム研究センター)2014.12.5

・ 吹上祥平、間中淳、五十嵐淑郎、アルミニウムイオン/アルフッソン系ON/OFF化変色反応の試験紙化とフッ化物イオンの簡易目視定量, 第14回高山フォーラム(高山市図書館)2014.11.16 優秀賞受賞

・ 間中 淳, 鏑木 かおり, 袋布 昌幹, 入江 光輝, 五十嵐 淑郎, 亜硫酸塩‐過酸化水素系自己触媒反応と専用アプリ搭載タブレットによる簡易分析法の開発,日本分析化学会第63年会 (広島大学)2014.9.17 

・ 鏑木かおり、間中淳、古山彰一、袋布昌幹、入江光輝、高性能オンサイト分析のための“MIU法”の開発,第33回分析化学中部夏季セミナー(いこいの村磯波風)2014.9.5 

・ 栗本将宏、間中淳、亜硫酸塩‐過酸化水素系自己触媒反応を用いるイブプロフェンの定量,第33回分析化学中部夏季セミナー(いこいの村磯波風)2014.9.5 

(2013年度)
・ 間中淳、島倉舜、古川真、五十嵐淑郎、亜硫酸塩・過酸化水素系自己触媒反応を用いる微量鉛(II)イオンの目視分析法の開発,日本化学会第92春季年会(名古屋大学)2014.3.27 

・ 島倉舜、間中淳、古川真、五十嵐淑郎、亜硫酸塩・過酸化水素系自己触媒反応と固相抽出による鉛(II)イオンの目視分析法の検討,「分析中部・ゆめ 21」若手交流会・第 13 回高山フォーラム(高山市図書館)2013.11.15,16 

・ 坂上千尋、間中淳、五十嵐淑郎、ON/OFF変色反応を用いるフッ化物イオンの高視認性目視分析法に関する研究,「分析中部・ゆめ 21」若手交流会・第 13 回高山フォーラム(高山市図書館)2013.11.15,16 

・ 島倉舜、間中淳、五十嵐淑郎、亜硫酸塩-過酸化水素系自己触媒反応を用いる鉛(II)イオンの目視計測法の開発,日本分析化学会第62年会(近畿大学)2013.9.10 

・ 坂上千尋、間中淳、五十嵐淑郎、フッ化物イオン目視分析法のデバイス化に関する検討,第32回分析化学中部夏季セミナー(能登休暇村)2013.8.31 

(2012年度)
・ 間中淳、山崎元太郎、五十嵐淑郎、アルミニウムイオン/アルフッソン系ON/OFF化変色反応に基づくフッ化物イオンの簡易分析法の開発,日本化学会第93春季年会(立命館大学)2013.3.23 優秀講演賞受賞

・ 山崎元太郎、間中淳、アルミニウムイオンによるアルフッソン比色反応のON/OFF化とフッ化物イオンの目視分析への応用, 第12回高山フォーラム(高山市図書館)2012.11.16 最優秀賞受賞

・山崎元太郎、間中淳、五十嵐淑郎、La-ALC / Zr 系に基づくフッ化物イオンの目視計測法の開発、日本分析化学会第61年会(金沢大学) 2012.9.19

・塚越義則,松居鮎美,澤井 光,間中 淳,袋布昌幹,五十嵐淑郎、ポルフィリン/ジルコニウム系変色反応を用いるフッ化物イオンの目視計測法の開発、日本分析化学会第61年会(金沢大学) 2012.9.19

・ 松居鮎美、塚越義則、間中淳、袋布昌幹,フッ化物イオンの新規目視分析法を志向したポルフィリン/ジルコニウム系変色反応の検討, 第31回分析化学中部夏季セミナー(信州大学)2012.9.1  ポスター賞受賞

(2011年度)
・ 間中淳、澤井光、五十嵐淑郎,二値化変色反応に基づく残留塩素の目視計測法の開発, 日本化学会第90年会(慶応義塾大学)2012.3.26

・ 塚越義則、澤井光、間中淳、横山誠二,スラグ溶出液の簡易分析法を目的としたイオン交換樹脂に対するフッ化物イオンの吸着・脱離特性の検討, 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 最優秀賞

・ 今江優太、間中淳、ポルフィリンの二値化変色反応に基づくフッ化物イオンの目視計測法, 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 優秀賞

・ 大村真璃、間中淳、ヨウ素滴定を利用した亜ヒ酸イオンの高視認性目視計測法に関する検討, 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 優秀賞

・ 間中 淳・澤井光・五十嵐 淑郎,デジタル化変色反応を用いる目視計測法の開発, 日本分析化学会第60年会(名古屋大学)2011.9.14 ロングディスカッション講演

(2010年度)
・ 唐島田 龍之介・間中 淳・五十嵐 淑郎,ホルムアルデヒドの迅速・高視認性目視分析法の開発に関する検討, 日本分析化学会第59年会(東北大学川内北キャンパス)2010.9.15 ポスター賞受賞

・ 岡本香奈,澤井光,間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, セッコウ中の不純物分析のための簡易分離分析技術の開発,東京コンファレンス2010(幕張メッセ)2010.9.2

・ 塚越義則,澤井光,間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, リン酸カルシウムを用いるフッ素化合物の固相抽出法の開発,東京コンファレンス2010(幕張メッセ)2010.9.2

・ 澤井光, 間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, イオン交換樹脂によるセッコウ中フッ素化合物の簡易分離とオンサイト分析への応用,Separation Science 2010(幕張メッセ)2010.8.31

・ 唐島田龍之介, 間中淳, 五十嵐淑郎, ホルムアルデヒド-亜硫酸イオン混合溶液系時計反応の気液反応における反応時間の測定,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19

・ 澤井光, 間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, セッコウ中のフッ素の簡易計測法に関する検討,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19

・ 島林雄佑, 間中淳, 五十嵐淑郎, 均一液液抽出法を用いるヒ素化合物の高感度目視分析法の開発,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19

・ 宮本是朗,唐島田龍之介,間中淳, 五十嵐淑郎, 目視-マイクロプレート法によるキレート剤の目視計測,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19 奨励賞受賞

・ 岡本香奈,澤井光,間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, セッコウ中有害物質の簡易分離法,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19

・ 塚越義則,澤井光,間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, リン酸カルシウムを用いる有害物質の濃縮分離法の開発,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19

・ 中山亜耶,唐島田龍之介,間中淳, 五十嵐淑郎, ホウ酸の高視認性目視分析法の開発,第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら 福井)2010.8.19 優秀賞受賞

・ 澤井光, 間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, セッコウ中の不純物のオンサイト分析法を志向した簡易前処理法の提案,廃棄物資源循環学会研究討論会(川崎市産業振興会館 神奈川)2010.5.21

・ 澤井光, 間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, イオン交換樹脂を用いる難溶性無機塩の高速溶解現象に基づくセッコウ中不純物のオンサイト分析法の開発,第71回分析化学討論会(島根大学松江キャンパス 島根)2010.5.15、若手講演ポスター賞受賞

(2009年度)
・ 澤井光, 間中淳, 袋布昌幹, 丁子哲治, セッコウ中のフッ素の分離技術としての“イオン交換樹脂溶解”に関する検討, 第2回資源・環境対応セラミックス材料/技術研究討論会(東京農工大学小金井キャンパス 東京)2010.3.22

・澤井光、間中淳、袋布昌幹、丁子哲治、セッコウ中の不純物分析のための簡易前処理技術の開発、東京コンファレンス2009(幕張メッセ)2009.9.4

・唐島田龍之介、間中淳、五十嵐淑郎、気相中ホルムアルデヒドの簡易目視検出法に関する検討、東京コンファレンス2009(幕張メッセ)2009.9.4

・澤井光、間中淳、袋布昌幹、丁子哲治、イオン交換樹脂を用いたセッコウ中のフッ素分析の前処理法に関する研究、第28回分析化学中部夏期セミナー(サンレイク美浜)2009.8.19

・間中淳、五十嵐淑郎、分析化学実験における色覚バリアフリー教育の検討、独立行政法人国立高等専門学校機構主催教育教員研究集会(豊田工業高等専門学校)2009.8.18

(2008年度)
・間中淳、五十嵐淑郎、色覚に依存しない新しい目視分析法の開発、日本化学会第89春季年会(日本大学船橋キャンパス)2009.3.29

・間中淳、五十嵐淑郎、目視-マイクロプレート法に基づく高視認性簡易目視分析法の開発、第69回分析化学討論会(名古屋国際会議場2008.5.15 ポスター優秀賞受賞

(2007年度以前)
・間中淳、中山彩、石橋真奈美、五十嵐淑郎、目視-マイクロプレート分析法を用いる飲料水中の硬度の目視分析、日本化学会第88春季年会(池袋)2008.3.28

・石橋真奈美、間中淳、五十嵐淑郎、滴定分析の簡易化を目指す目視-マイクロプレート(eye-MiP)法の開発, 第18回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会(水戸市民会館)2007.11.30 ポスター優秀賞受賞

・間中淳、五十嵐淑郎、マイクロプレートを用いる目視計測法の開発、第68回分析化学討論会(宇都宮大学)2007.5.19

・間中淳、日出島拓、五十嵐淑郎、尿素―ウレアーゼ酵素反応を用いたウレアーゼの目視計測法、日本化学会第87春季年会(関西大学 千里山キャンパス)2007.3.26

・間中淳、高橋徳、五十嵐淑郎、均一液液抽出法を用いるリン酸イオンの高感度定量、日本化学会第86春季年会(日本大学理工学部・船橋キャンパス)2006.3.27

・間中淳,安形真樹,五十嵐淑郎,極微量鉛(II)イオンの新しいマイクロプレート比色法の開発,日本化化学会第15回関東支部茨城地区研究交流会(茨城大学) p43, 2004.11.27. 最優秀賞受賞

・間中淳,五十嵐淑郎,鈴木長、均一液液抽出を用いる多検体吸光検出のためのマイクロプレートの作製と評価,2003東京コンファレンス(幕張メッセ) p370, 2003.9.11

・間中淳,五十嵐淑郎,亜硫酸塩-過酸化水素系自己触媒反応とオキシダーゼ酵素反応を用いるグルコースの選択的簡易計測法,Separation Science 2002(東京都立大学) p83,2002.7.12

・酒井睦子,間中淳,五十嵐淑郎,ポルフィリン還元体”ポルフィリノーゲン”を用いるペルオキシダーゼの高感度定量,日本化学会 第11回関東支部茨城地区懇談会(東海会館) p23,2000.11.17.

・五十嵐淑郎,酒井睦子,間中淳,ペルオキシダーゼの高感度分析試薬”ポルフィリン還元体”の開発,分析化学東京シンポジウム2000(幕張メッセ) p133,2000.8.31.

・間中淳,高畑圭二,五十嵐淑郎,亜硫酸塩-過酸化水素系自己触媒反応におけるS字型pH-時間曲線を用いる簡易計測法の開発,日本化学会 第78回春季年会(日本大学理工学部・船橋キャンパス) p567,2000.3.30.

・五十嵐淑郎,間中淳,高畑圭二,時間を計って濃度を知るS字型pH-時間曲線によるイムノアッセイ標識酵素の定量,日本化学会 第10回関東支部茨城地区懇談会(茨城大学) p21,1999.11.19. 奨励賞受賞

受賞

・第14回茨城地区分析技術交流会(いばらき量子ビーム研究センター)2017.12.1優秀ポスター賞受賞

・第7回CSJフェスタ2017(タワーホール舟堀)2017.9.10優秀ポスター賞

・日本分析化学会第66年会(東京理科大学)2017.9.10若手ポスター賞

・第22回ヒ素シンポジウム(産業技術総合研究所臨海副都心センター別館)2016.11.18奨励賞

・ 第34回分析化学中部夏季セミナー(三保園ホテル)2015.8.31中部分析化学奨励賞

・International Symposium on Technology for Sustainability 2014(ISTS 2014)
(台湾国立台北科技大学) 2014.11.19-21.Presentation Award受賞

・ 第14回高山フォーラム(高山市図書館)2012.11.16 優秀賞受賞

・ 日本化学会第93春季年会(立命館大学)2013.3.23 優秀講演賞受賞

・ 第12回高山フォーラム(高山市図書館)2012.11.16 最優秀賞受賞

・ 第31回分析化学中部夏季セミナー(信州大学)2012.9.1  ポスター賞受賞

・ 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 最優秀賞

・ 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 優秀賞

・ 第11回高山フォーラム(高山市図書館)2011.11.12 優秀賞

・ 日本分析化学会第60年会(名古屋大学)2011.9.14 ロングディスカッション講演

・ 17th Asian Symposium on Ecotechnology (Kurobe City)2010.11.12 Best Presentation Award

・ 17th Asian Symposium on Ecotechnology (Kurobe City)2010.11.12Good Presentation Award

・ 日本分析化学会第59年会(東北大学川内北キャンパス)2010.9.15 ポスター賞受賞

・ 第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら、福井)2010.8.19優秀賞

・ 第29回分析化学中部夏季セミナー(リトリートたくら、福井)2010.8.19奨励賞

・ 第71回分析化学討論会(島根大学松江キャンパス 島根)2010.5.15 若手講演ポスター賞受賞

・ 16th Asian Symposium on Echotechnology(ASET 16)(Dairen, China) 2009.10.22 Good Student Award 受賞

・ Asia Young Analytical Chemist Session 2008(幕張メッセ)2008.9.4 ポスター優秀賞受賞

・ 第69回分析化学討論会(名古屋国際会議場)2008.5.15 ポスター優秀賞受賞

・ 第18回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会(水戸市民会館)2007.11.30 ポスター優秀賞受賞

・ 日本化化学会第15回関東支部茨城地区研究交流会(茨城大学) 2004.11.27. 最優秀賞受賞

・ 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) 2000.12.17
 Best Student Poster Award 受賞


展示会等

(2017年度)
・イノベーションジャパン2017,“汚染量をマッピング!高倍率濃縮法とスマホの融合分析技術”(東京ビックサイト) 2017.8.31-9.1

・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT29208,「水をきれいにする技術・確かめる技術」2017.7.30

・2017NEW環境展,化学と情報が一体化した高性能比色分析装置~あなたのスマホ・タブレットが分析装置に~2017.5.25-27

・2017NEW環境展,重金属の高感度・高選択性比色法~微小液滴への濃縮法と治療薬の利用~2017.5.25-27

(2016年度)
・エネルギー・環境技術分野 新技術説明会、“あなたのスマホやタブレットが高性能な比色計測装置に”(JST東京本部別館1Fホール)2019.1.12.

・エコプロダクツ2016(東京ビッグサイト)2016.12.8-10

・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT28201,「光と色が織りなす先端のセンシングテクノロジー」2016.7.30

・2016NEW環境展,化学と情報が一体化した高性能分析技術の構築~あなたのスマホ・タブレットが分析装置に~2016.5.25-27

・2016NEW環境展,高性能濃縮・分離法による高感度比色分析法~微量の重金属類を微小の液滴に集める~2016.5.25-27

(2015年度)
・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT27192,「汚染水のビフォーアフター 〜化学による水の浄化と確認技術を体験しよう〜」2015.11.7

・2015NEW環境展,スマートデバイス分析システムの構築~あなたのスマホ・タブレットが分析装置に~2015.5.25-29

(2014年度)
・おおた研究・開発フェア 2014、あなたのスマホ・タブレットが先端の分析装置に!新しいオンサイト分析技術(大田区産業プラザPIO)2014.10.2,3

・TECHNO-FRONTIER 2014、高性能オンサイト分析技術“MIU”の開発~化学と情報が織りなすセンシング技術~(東京ビッグサイト)2014.7.23

・2014NEW環境展、重金属イオンを高感度に測定する新しいオンサイト分析法の提案(東京ビッグサイト)2014.5.28-29

(2013年度)
・エコプロダクト2013、誰でも簡単に環境汚染物質を測る新しい計測テクノロジー(東京ビッグサイト)2013.12.12-14

For the Better Forum 2013, 目とストップウオッチで鉛(II)イオンの濃度を知る先端の計測技術,(六本木アカデミーヒルズ) 2013.11.20

・富山高等専門学校公開講座(第3回循環型社会講座~環境負荷低減を目指したリサイクル技術~)、廃石膏ボードリサイクルと分析技術(富山県民会館)2013.9.13

・イノベーションジャパン2013, “ON/OFF変色反応系の構築と簡易分析技術への展開”(東京ビックサイト) 2013.8.29-30

・2013 New 環境展, “ON/OFF変色反応に基づくフッ素のオンサイト目視計測法の開発”(東京ビックサイト) 2013.5.26

(2012年度)
・2012 New 環境展, “誰でも一目で濃度を明確に判定できるフッ化物イオンの目視分析技術”(東京ビックサイト) 2012.5.24-25

(2011年度)
・イノベーションジャパン2011, “安全を明確に判定できる新しい目視濃度測定技術”(東京国際フォーラム) 2011.9.21-22

・2011 New 環境展, “誰でも一目で濃度を明確に判定できる目視分析技術”(東京ビックサイト) 2011.5.24-27

(2010年度)
・第6回廃棄物の循環利用に関するワークショップ,“廃石膏ボード中の環境汚染物質の簡易分離技術とオンサイト分析への応用”(キャンパスイノベーションセンター・東京)2011.1.6

・しんきんビジネスフェア北陸ビジネス街道2010“一目で濃度が判定できるオンサイト目視分析法の開発”2010.10.15

・イノベーションジャパン2010, “誰でも、一目で、明確に新環境モニタリング技術(K-17) ”(東京国際フォーラム)2010.9.29-10.1

・2010 New 環境展, “”(東京ビックサイト) 2010.5.25-28

(2009年度)
・第5回廃棄物の循環利用に関するワークショップ“廃石膏ボードの環境負荷を評価するオンサイトモニタリング技術”,(アワーズイン阪急) 2010.2.23

・高専機構/長岡・豊橋技科大先進技術説明会“誰でもどこでも濃度を明確に判定できる目視分析技術”(キャンパス・イノベーションセンター東京)2010.2.23

・第3回薬都モノづくり研究会,“濃度が明確に見える・判定できる現場志向型目視モニタリング技術”((財)富山県新世紀産業機構 技術交流ビル)2010.1.6

・北陸アカデミア新技術説明会 “誰もが簡単・明確に濃度を判定できるオンサイト目視計測技術”(JSTホール)2009.10.8

・イノベーションジャパン2009“見やすい、分かりやすい、扱いやすいオンサイトモニタリング技術(PK-16)” (東京国際フォーラム)2009.9.16-18

(2008年度)
・イノベーションジャパン2009 “濃度が一目で分かる!新しい環境モニタリング技術の提案(K-26) ”2008.9.16-18


外部資金獲得状況

・環境研究総合推進費「水質保全を目指す革新的濃縮・スマートデバイス融合型コントロールシステムの開発」(2017~2019年度)(分担)

・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT29208,「水をきれいにする技術・確かめる技術」(2017年度)

・クリタ水・環境科学振興財団研究助成金「スマートデバイスを用いる高性能試験紙分析法の開発」(2016~2017年度)

・科学研究費補助金(基盤C) 「液滴の変色で汚染物質の簡易分析を可能とするON/OFF反応系構築と途上国への適応」(2016~2018年度)

・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT28201,「光と色が織りなす先端のセンシングテクノロジー」(2016年度)

・ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI, HT27192,「汚染水のビフォーアフター 〜化学による水の浄化と確認技術を体験しよう〜」(2015年度)

・科学研究費補助金(基盤A(海外学術)) 「サハラ砂漠周縁の水資源に関わる2大問題解決に向けた調査研究」(2013~2016年度)(分担)

・採択研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP))フィージビリティスタディ(FS)ステージ 探索タイプ 「化学増幅反応を用いる鉛(II)イオンの高感度オンサイト分析法」(2013~2014年度)

・科学研究費補助金(若手B) 「固相ON/OFF変色反応を駆使する途上国飲料水汚染度のマルチポイント計測法の開発」(2013~2014年度)

・科学研究費補助金(若手B) 「デジタル化変色反応を基軸とする途上国対応型地下水汚染物質のオンサイト計測法の開発」(2011~2012年度)

・科学研究費補助金(基盤研究B・一般) 「ナノバイオミメティックプロセスによる小規模フッ素排水処理・資源循環パッケージ開発」(2011~2013年度)(分担)

・高専連携プロジェクト 「イオン交換樹脂等による難溶性無機塩の溶解現象に基づいた環境汚染物質の簡易分析法の開発」(2010年度)

・環境省廃棄物処理科学研究補助金「不純物評価・制御技術とユビキタス電子マニュフェストシステムを融合した、廃石膏ボード・建築汚泥の安心・安全リサイクルシステムの構築」(2008~2010年度)(分担)

・富山第一銀行研究助成金「マイクロプレートを用いる水環境の簡易目視モニタリング技術の開発」(2007年度)